ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)について

FPホームのゼロエネルギー住宅 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

断熱+省エネ&創エネでエネルギー収支をゼロに。
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の断熱と省エネ性能を高め、太陽光発電システムなどでエネルギーを創りだし、住宅で使用する年間の一次消費エネルギー量※を正味(ネット)でゼロかそれ以下になる住まいです。2020年までZEHを標準的な新築住宅にすることを政府が推進しています。

当社は「FPの家」を基軸にご提案を進め、「普及目標」として
ZEH受託率目標(受託件数に対するZEHの割合・Nearly ZEH受託率を含む)を
平成32年度までに50%以上とすることを目指します。

2020年からの新しい暮らし方 ZEH

世界的にみると日本の一次エネルギー消費量は5番目となっており、数年前から政府主導で住宅に使われる消費エネルギーを削減するとしています。そしてZEHを2020年には標準的な新築住宅に、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すことを目標として掲げています。消費エネルギーを減らして、新しいエネルギーを創りだす。少し先の暮らし方をFPホームはご提案いたします。

断熱+省エネ&創エネ≒0

  • つまり、
    「つくる電力」から「つかう電力」を差し引いたときにエネルギー収支をゼロ以下にするということです。

  • ※一次エネルギー消費量とは?

    住宅で使用する照明やエアコンや暖房、換気、給湯などの設備機器としてかかるエネルギーを熱量換算した合計の値のことです。床面積や居住する人数などによって計算されます。ちなみにパソコンや調理機器などは含まれません。

  • 断熱

    断熱材は躯体に組み込まれるため容易な変更がききません。そのため気密性と断熱性を備えた経年変化の少ないパネルを選択することが必要です。

  • 省エネ

    高効率エアコン、熱交換型の換気システムや高効率給湯器などの省エネ設備を導入することがエネルギー消費量の削減に繋がります。

  • 創エネ

    太陽エネルギーを上手に活用し、暮らしの電力を補う太陽光発電システムをHEMSでコントロールすることで、エコノミーとエコロジーに配慮した創エネが実現可能となります。

FPホームでZEHを建てるメリット

変えられないものは、変わらないもので。

「FPパネル」が高い躯体性能と
経年変化しない家づくりを実現します。
躯体に組み込まれる断熱材は、設備機器のように頻繁な交換はできません。だから経年変化が少なく、「無結露」を50年間保証するFPパネルがZEHを実現する為に最も大切だと考えています。
まるで魔法瓶のような住まいを実現する 暖かい空気を逃がさない業界トップレベルの メンテナンスが少なく資産価値の高い

「FPウレタン断熱パネル」は無結露50年保証

ゼロ・エネルギー住宅を実現するために欠かせない条件として、長期間に渡り、高い躯体性能を維持することが必要です。
私たちが採用するFPパネルは、独自開発で生み出した発泡ウレタンパネルで壁内結露の発生を抑えます。
オーナー様にとって無結露50年保証はZEHを建てる上で大きなメリットとなります。

FPパネルは水に強い。 発泡ウレタンの優れた防水効果が高い躯体性能を実現します。

ZEHで家計にも環境にも優しい暮らしを叶える為に必要なFPウレタン断熱パネルは、特に北海道の厳しい自然環境でその力を発揮します。
1年の温度差が激しく冬は暴風雪にさらされる住宅の中で、快適な住環境を創りだすために最も重要な躯体性能。
その中に組み込まれるFPウレタン断熱パネルは、グラスウールなどの繊維系断熱材と比べて圧倒的に結露が少なく家も人も長く快適に過ごすことができます。
右記の吸水性・吸湿性の比較をご覧ください。

xxxxxxx

繊維系断熱材のグラスウール(右)は吸水率が高く、たちまち水中に沈んでしまいますが、硬質ウレタンフォーム(左)はいつまでも沈むことがありません。
吸水率の低い素材を断熱材として使うことで、壁の中に結露が発生しにくく、木材を腐らせる心配もないのです。

各種断熱材の透湿比抵抗比較

[透湿比抵抗比較:m・h・mmhg/g]

品名 透湿比抵抗
硬質ウレタンフォーム(24.9kg/㎡) 670
ポリスチレンフォーム(30kg/㎡) 600
ロックウォール(86〜400kg/㎡) 13〜16
グラスウール(16〜96kg/㎡) 6〜12
  • 名前

    ゼロイキ

  • 生まれ

    札幌市

  • 好きなもの

    太陽、貯蓄

  • 嫌いなもの

    浪費

  • 性格

    ムダなものを作ったり、生み出すことが大嫌い。
    胸に抱いた熱い“ココロイキ”でゼロエネルギーを目指します。

  • 座右の銘

    自給自足

LINEスタンプ好評配信中!

ZEHは補助金の対象となっています。

ゼロ・エネルギー住宅を実現する住宅を建てた場合、ZEHの要件を満たすと交付されるネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業の対象となります。2012年から導入されたこの補助金を活用して、建てるときも建てたあともお得な暮らしを実現しましょう。

補助金定額:75万円
補助金名
平成29年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業
事業規模
30億円 (一次公募以降については事業規模は未定)
事業規模を超える申請があった場合は、評価点の高いものから順次補助対象事業者を選定します。
補助金額
① 一戸あたり 定額 75万円(地域区分・建物規模によらず全国一律)※1
② 蓄電システム
補助対象として採択されるZEHに、補助対象となる要件を満たした蓄電システムを導入する場合には、補助金額を以下のとおり加算します。
  • 蓄電システムの補助額 : 初期実効容量 1kWh当たり4万円
  • 蓄電システムの補助額上限 : 補助対象経費 の1/3または40万円のいずれか低い金額※2
補助対応となる住宅
① 申請者が常時居住する住宅。
② 専用住宅であること。※3
③ 既築の場合は、申請時に申請者自身が所有していること。
④ 新築建売住宅の場合は、申請者は建売住宅の購入予定者であること。※4
⑤ 賃貸住宅・集合住宅は対象外。※5

詳しくはFPホームまでお問合わせください。