スタッフブログ

  1. 【リフォーム】家計を助ける救世主②

    2020.09.09 (水)

    リフォーム課の富樫です。

    一時、ヒートテックを着込む程、身震いするような寒さだったのに北海道の夏が
    最後のひと踏ん張りとばかりに残暑をお見舞いしてくれています。

    さて、札幌市住宅エコリフォーム制度、第二回目の受付が開始しました。
    申請期限は9月17日の木曜日。
    第一回目の申請では申込期間を大幅に延長するという異例の事態でしたが、第二回目の申請はどういう状況になるのでしょう。

    前回はトイレのお話でしたが、今回は同じ水廻りでもお風呂。
    久しく足を延ばして湯舟に浸かっていないので、お風呂のカタログを眺めては鼻歌を歌いながら湯舟に浸かる妄想をしています。
    というか今年は一度も湯舟に浸かってないかも・・・

    今回紹介するのはTOTOの「サザナ」
    【TOTO】サザナプレゼン-1

    サザナは90,000円の補助が受けられる「浴室の改修」の対象製品です。
    主な標準仕様をいくつかあげてみます。
    まずは「ゆるリラ浴槽」

    yururi1
    人間工学を応用した設計で、「気持ちいい」をとことん科学して生まれた浴槽です。
    ポイントは二つ。
    yururi4
    ①頭・首にフィットするヘッドレスト
    浴槽と一体化した形状で頭と首を自然にサポートしてくれます。
    ラクな姿勢で入浴できるので極上のリラックス空間に身も心も解きほぐされることでしょう。

    ②背中を包み込むカーブ
    接触面を広くもち、背中への圧力を分散。かかる負担を低減します。

    僕自身、体験してみましたが、自宅(アパート)の浴槽とは雲泥の差です。
    正直、自宅の浴槽は狭いのでお風呂上りは関節がバキバキになります…
    そんなものとは比較にはなりませんが、数年前に標準採用になったクレイドル浴槽よりも
    更に「気持ちいい」を追求した「ゆるリラ浴槽」を是非体験して欲しいです。

    次に「コンフォートウエーブシャワー」
    0103_02602007_0030
    従来品と比べて水道代が約5,500円、ガス代が約10,200円も節約出来る省エネなシャワーです。
    ※ご家庭の使用状況により数字は異なります。
    大粒の水玉が左右にスイングしながら勢いよく吐水するウエーブ吐水を搭載しています。
    スプレーシャワーと組み合わせることで、節水とともに適度な刺激感のある浴び心地を実現しました。

    次に「お掃除ラクラクほっカラリ床」
    hoka
    CMでもお馴染みかもしれませんね。
    内側にクッション層を持っているのでひざをついても痛くありません。
    同時に断熱材の役割も果たしているので冬場の一歩目もヒヤッとしません。

    これ以上の機能は出ないだろうと思わせるほど機能満載なサザナですが毎年、その充実機能をさらに上回る新機能を提供してくれます。

    おうち時間が増えて自由に外出できない日々が続き、ストレスも溜まってきてしまいますよね。
    更に進化したサザナで最高のリラックスタイムを過ごしてみませんか?

    今すぐに必要ではなくても光熱費の負担を考えると、長い目で見れば省エネ商品への買い替えは
    新しい生活様式で過ごされる中で、家計を助ける意味でも重要視されています。
    「1円でも光熱費を安く抑えたい・・・」
    「省エネ商品に興味があるけど、どんな商品があるんだろう?」
    お気軽にご相談ください。

    ▶FPホームのリフォーム実例から【バスルーム】をご紹介!
    https://www.fphome.jp/reform/cases/category/bathroom/

    bnr_minaos

    ——————————————————————————————————————————————————
    FPホームでは毎日の検温、マスクの着用、アルコール消毒など感染拡大防止策を徹底しております。
    お住まいの不具合やお困りごと、お気軽にご相談ください。
    株式会社FPホーム リフォーム課
    札幌市東区北42条東15丁目1番1号
    TEL:011-741-2245
    営業時間:9:00~17:30
    ※日曜日、年末年始、夏季休暇期間、その他休業日を除く

カテゴリ
アーカイブ
検索