不動産選びのポイント

新築をお考えの方

  1. POINT1

    条件を整理する
    どんな住宅が欲しいか、どのエリアに住みたいかなど条件を整理しましょう。
  2. POINT2

    周辺を歩いてみる
    見学する時には周辺の環境やよく利用する施設まで歩いてみましょう。
  3. POINT3

    建物の周りを確認する
    ご近所の建物に落雪の心配がないか、視線などは気にならないか確認しましょう。
  4. POINT4

    駐車の出入口を確保する
    電柱や支線・支柱の位置は駐車スペースの取り方によっては移動が必要になります。
  5. POINT5

    時間帯別の状況を確認する
    ごみステーション・街灯の場所を確認して時間帯別の暮らしやすさを考えましょう。
  6. POINT6

    日当たりは十分か確認する
    現在の日当たりとこれから妨げになる可能性があるか確認しましょう。
  7. POINT7

    駐車の出入口を確保する
    車の出入りはしやすいか確認しましょう(場合によって縁石切下げ・街路樹移設の必要性があります)。
  8. POINT8

    立地による影響を確認する
    購入物件の高低差を確認しましょう(大雨や除排雪時の対応を考える必要があります)。

中古住宅をお考えの方

  1. POINT1

    基礎状態を確認する
    基礎周りのヒビや劣化の状態を確認しましょう。
  2. POINT2

    水周りを確認する
    水道管や給湯管の種類を確認しましょう(それぞれ耐用年数に違いがあり購入後に配管漏れの可能性があります)。
  3. POINT3

    暖房方法を確認する
    暖房方法の確認(セントラル暖房でもボイラーは電気式・灯油式・都市ガス・プロパン温水器等あります)。
  4. POINT4

    床下を劣化を確認する
    床下の木材の状況(入居中の場合は難しいですが空家の場合は見せてもらってください)。
  5. POINT5

    屋根を確認する
    屋根はどのタイミングでどれくらいの頻度でメンテナンスしているかの状況を確認しましょう。
  6. POINT6

    設備の開け閉めを確認する
    お部屋の中の窓や建具(ドアや収納扉)の開け閉めがスムーズか確認しましょう。
  7. POINT7

    建設業者を調べてみる
    どこの建築会社様で建てたかを確認しましょう(新築時の建築業者によっては大胆なリフォームが出来ない場合があります)。